RSA とボールへのダイビング | YouCoach Skip to main content

RSA とボールへのダイビング

RSA とボールへのダイビング

 
目的
マテリアル
  • コーン3個
  • ポール4本
  • ボール数球
準備
  • プレーエリア: 20 x 15m
  • プレーヤー: 3~4名
  • 所要時間: 30分
  • セット数:5セット x 4回セービング
概要 第二の目的
スプリントからのダイビング、コーディネーション能力、素早いステップワークの向上に効果的なゴールキーパー用トレーニングメニューです
コーディネーション能力, クイックネス(俊敏性), RSA(リピート・スプリント・アビリティ)
オーガナイズ

プレーエリア内に図のようにコーンを3個配置します。そしてコーンから3m先に2m間隔でポールを計4本セットします。 GKは中央のコーンからプレーをスタートします。GKから12m先にはボール配給役のコーチをスタンバイ。

概要
  • トレーニング構成は5セットx4回セービング。
    • 1セット目はコーチから出されたグラウンダーボールに対してダイビング。
    • 2セット目はコーチから出されたシュートボールに対してダイビング。
    • 3セット目はコーチから出されたバウンドボールに対してダイビング。
    • 4セット目はコーチから出された中くらいの高さの浮き球に対してダイビング。
    • 5セット目はコーチからのハイボールに対してダイビング。
  • では、グラウンダーボール処理のプレー例を見てみましょう。
    1. スタート地点から中央ゲート方向にクロスステップでダッシュ。そのまま右方向にダイビングして1回目のセーブ。
    2. 起き上がり、バックステップで後方のコーンを回った後、プレーヤーから見て右のゲートにダッシュ、右方向にダイビングして2回目のセーブ。
    3. 起き上がり、サイドステップで後方のコーンを回った後、プレーヤーから見て中央のゲートにダッシュ、左方向にダイビングして3回目のセーブ。
    4. 起き上がり、バックステップで後方のコーンを回った後、プレーヤーから見て左のゲートにダッシュ、左方向にダイビングして4回目のセーブ。

 

 

バリエーション
  1. 普段からしっかりとGKトレーニングを行っているプレーヤーの場合、セット数を8に調整しましょう(セービング数は4回)。シュートボールは除いたそれ以外のテーマを2セットずつ行いましょう(グラウンダー2、バウンド2、中くらいの高さ2、ハイボール2)。
コーチのポイント
  • 注意事項:GKのダッシュは素早く、ステップワークは小刻みに行いましょう。
  • このトレーニングは、1週間のトレーニングプログラムの中で初日に行うことをお勧めします。もし初回にフィジカルトレーニングがあるのであれば2日目でも構いません。
  • GKのダイビングモーションを確認し、コーディネーション能力の向上に努めましょう。
  • コーチのボール配給方法について、配給のスピードと精度を重視するのであれば、手を使う事も選択肢の一つです。

Autore

| スクールコーチ、イタリア語通訳

関連コンテンツ