有酸素トレーニング‐スピードを伴った方向転換とポジショニング | YouCoach Skip to main content

有酸素トレーニング‐スピードを伴った方向転換とポジショニング

有酸素トレーニング‐スピードを伴った方向転換とポジショニング

 
目的
マテリアル
  • 色の異なるマーカー18個(赤色6個、青色6個、白色6個)
  • コーン4個
  • ボール数個
準備
  • プレーエリア:40m × 25m
  • プレイヤー:12名(2グループに分ける)
  • 所要時間:25分
  • セット数:4セット(「1」のマーカーから「A」のコーンまでのコースを4度繰り返す)
  • マテリアルの配置:マーカーを”階段状”に並べて、図に示されるようにコートの外周と同じような長方形を作る
概要 第二の目的
有酸素運動レベルを上げて、パスのアクション前後のスピードを伴ったコーディネーションを磨くトレーニング
走る, コーディネーション能力, ショートパス
オーガナイズ
長方形の頂点に4つのコーンを置いてプレーエリアを形成する。
一種の”階段”を作るように、マーカーを用いて3色(赤色、白色、青色)の異なるラインを作る(1つのラインに6枚使用)。
どの列も間は10メートル。それぞれの列(1~6番)の間の距離も、端から同じようにそろえる。
プレイヤーを2グループ(白色、赤色)に分けて、青色と赤色のマーカーのライン上に(それぞれ)並べる。全員が自分の近くのマーカーにポジションを取る。
赤色のマーカー(赤色のビブスをつけて)近くにいるプレイヤーは、1人1つずつボールを持つ。
概要
トレーニングは一番右のマーカー(1列目)にいるプレイヤーの動きから説明する。サーキット自体は、同じことを、同じタイミングで、どのプレイヤーも順番に繰り返す。
  • 白色のプレイヤーは、目の前にある白色のマーカーの右側に向かってダッシュする。その動きはボールを持っているプレイヤーに対してプレスをかける時と同じ動きをする。
  • 正面にいる赤色のプレイヤーは走っているそのプレイヤーにパスを出す。
  • 白色のプレイヤーはワンタッチでボールを戻し、反転をして、スタート位置(青色のマーカー)へ戻る。
  • その後、白色のプレイヤーは、先ほどと同じように正面の白色のマーカーの左側へ向かってダッシュする。
  • 赤色のプレイヤーはもう一度走ってきたプレイヤーにパスを出し、再びワンタッチでパスを返してもらう。
  • 2回目のパスが終わったら、プレーヤーは青色のマーカーのラインに戻るのだが、その次の列のマーカー(2列目)に移動する。それを1番左のマーカー(6列目)まで行う。
  • 6列目から一番最後のパスを返したら、1番左の角(コーンB)に向かってダッシュをし、その後は自らの90パーセントくらいの走力で長方形の周囲を走り、トレーニングの再開位置であるコーンAまで戻ってくる。

各プレイヤーはそれぞれの列から同時にスタートすることで、トレーニングに継続性をもたらし、休息の時間を減らす。各プレイヤーが一番最初のスタート地点(列)に戻ってきたところで1セット終了。

1セット終わったら赤色と白色の役割を交代させる。

バリエーション
  1. マーカーの距離を15メートルまで広げる
  2. インテンシティーを上げるために休憩の時間を減らす
  3. パスの為に使う足を「まずは片方の足、次は他方の足」というようにする
  4. リターンパスの局面で使うテクニックの追加(例えば、トラップして足を変えてパスや、アウトサイドパス等々)
コーチのポイント
  • スピードと走りながらの方向転換に効果的なトレーニングです。
  • ダッシュとボールを受けるためにより良いパスコースに動くというコンセプト(考え方)を追加します。
  • プレイヤーには常に全力を求め、持久力アップにフォーカスします。
  • インテンシティーを上げることで、エアロビクス(有酸素運動)能力と持久力を高めます。
  • パスにおける技術に気を付けましょう。
  • 身体の正しい姿勢を伴った脚の素早い動き。

関連コンテンツ

  • エリア外、中央寄りからのシュート

    GKを1名、そして図の位置にマーカーを1枚ずつセットし、A列、B列にプレーヤーをスタンバイ。図の位置にダミーを2体(ポールでも代用可)セット。A列のプレーヤーはボールを持ってスタンバイ。

  • テーマ形式 : ディフェンス& トライアングルへのアタック

    30m四方のピッチをコーンで準備したら、各辺にマーカーでミニゲートを計4つセットします。 ピッチ中央には4m辺のトライアングルを作り、GKを2名スタンバイ。 各チームどのミニゲートにゴールできるのか2ヶ所ずつ決めておきます。...

  • スモールサイドゲーム - 進入禁止ゾーン

    35x30mのプレーエリアをマーカーで準備します。両側にはゴールとGKをスタンバイ。ピッチ中央にはコーン4個で6x10mサイズの長方形を作り、「進入禁止ゾーン」とします。 ピッチ内では4vs4の試合準備。

  • アジリティ、スピード、フィニッシュ精度を高めるトレーニング

    まずプレーヤーをAとBの2チームに分けます。図左のグループAのスタート位置から5mの場所にはコーン3個で1m辺のトライアングルを配置。ペナルティエリア外付近にはコーン6個をランダムに配置。...