グリッド内でエアロビックポゼッション | YouCoach Skip to main content

グリッド内でエアロビックポゼッション

グリッド内でエアロビックポゼッション

 
目的
マテリアル
  • マーカー
  • ボール
  • コーン
  • ビブス5枚(赤4、緑1)
準備
  • プレーエリア:50×50m
  • プレイヤー: 最大9名(もしくは3vs3+1)
  • 所要時間: 14分
  • セット数:5分×2セット(2分アクティブレスト)
概要 第二の目的
制限されたプレーエリア内で行う強度の高いポゼッション
マークを外す, パス, インターセプト, ボールポゼッション
オーガナイズ
50×50mのプレーエリアの中心に30×30mのグリッドを作ります。50×50mのグリッドはコーンで区切りをつけ、30×30mのグリッド内には9名(4vs4とフリーマン1名)スタンバイ。
ピッチサイズは年代次第で調整可能。フリーマンはポゼッション側のチームをサポート。
ルール
  • まずは2チーム分け(4vs4)します。
  • フリーマンはポゼッション側のチームをサポートします。
  • ポゼッション側のプレイヤーは、パス成功ごとに50×50mグリッドにある外のコーンを1つ回ってポゼッション中のグリッド内に戻ります。
  • 10回パス成功でチームに1点加算。
バリエーション
  1. 2タッチに制限。
  2. 回るコーンを2つに増やす。
  3. コーンに向かう時はバック走、回ってからピッチに入る時はスプリント。
  4. サイズの変更(ロングインターバルを鍛えるために距離を伸ばす、アジリティを伸ばすために距離を縮める)。
  5. 2人目のニュートラル・フリーマン(中立)の追加。
コーチのポイント
  • 次のプレーへの反応(パスした後のダッシュ)を素早く。
  • コーンを回ってグリッドに入ったら、数的優位の状況を再度作るためにチームメイトに声掛けを。
  • プレーへのインテンシティを追求しましょう。チームメイトが不利な状況にならないようコーンを回って戻ってくるまでの時間を短く。

関連コンテンツ

  • ウォームアップサーキット

    20x20mスクエア内に図のようにマテリアルを配置していきます。 スタート地点にはマーカー1枚とフラフープ4つ、コース上部にはスピードラダーを、左サイドにはポール3本でスラローム、下部には30mの距離でミニハードル6個セット。...

  • コーンを使ってエアロビックトレーニング - ユベントス FC

    5対5の試合用のピッチを40x40mで作り、両サイドにコーンを7個ずつ立てておきます。

  • インターバルトレーニング - バルセロナ FC

    まず初めに、このメニューのテーマは持久力とスピードの強化ということでセッション中は激しく体力を消耗します。 プレーヤーのアジリティ、フィジカル、持久力を一度に修練できるプログラムとなっています。 インターバルトレーニング(...

  • ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

    コーン3個で25m辺のトライアングルを作り、その中に5m間隔のミニトライアングルをポール3本で作ります。ミニトライアングルの先にはコーン2個でゲートを作り、さらに10m先に1m間隔のミニゲートをポール2本で作れば準備完了。...