グリッド内でエアロビックポゼッション | YouCoach Skip to main content

グリッド内でエアロビックポゼッション

グリッド内でエアロビックポゼッション

 
目的
マテリアル
  • マーカー
  • ボール
  • コーン
  • ビブス5枚(赤4、緑1)
準備
  • プレーエリア:50×50m
  • プレイヤー: 最大9名(もしくは3vs3+1)
  • 所要時間: 14分
  • セット数:5分×2セット(2分アクティブレスト)
概要 第二の目的
制限されたプレーエリア内で行う強度の高いポゼッション
マークを外す, パス, インターセプト, ボールポゼッション
オーガナイズ
50×50mのプレーエリアの中心に30×30mのグリッドを作ります。50×50mのグリッドはコーンで区切りをつけ、30×30mのグリッド内には9名(4vs4とフリーマン1名)スタンバイ。
ピッチサイズは年代次第で調整可能。フリーマンはポゼッション側のチームをサポート。
ルール
  • まずは2チーム分け(4vs4)します。
  • フリーマンはポゼッション側のチームをサポートします。
  • ポゼッション側のプレイヤーは、パス成功ごとに50×50mグリッドにある外のコーンを1つ回ってポゼッション中のグリッド内に戻ります。
  • 10回パス成功でチームに1点加算。
バリエーション
  1. 2タッチに制限。
  2. 回るコーンを2つに増やす。
  3. コーンに向かう時はバック走、回ってからピッチに入る時はスプリント。
  4. サイズの変更(ロングインターバルを鍛えるために距離を伸ばす、アジリティを伸ばすために距離を縮める)。
  5. 2人目のニュートラル・フリーマン(中立)の追加。
コーチのポイント
  • 次のプレーへの反応(パスした後のダッシュ)を素早く。
  • コーンを回ってグリッドに入ったら、数的優位の状況を再度作るためにチームメイトに声掛けを。
  • プレーへのインテンシティを追求しましょう。チームメイトが不利な状況にならないようコーンを回って戻ってくるまでの時間を短く。

関連コンテンツ

  • テーマ付き 2 対 2

    マーカーを使用して35x40mのプレーエリアを作ります。ピッチを図のように2つのゾーンに分割し、両ゾーンの短辺にはゴールを1ヶ所ずつ配置。片方のゴール両脇にはミニゲートを1つずつ追加。ゲートの間隔は1,5mに設定します。...

  • テクニカル サーキット - BVB ボルシア ドルトムント

    センターサークル付近にマーカーを1枚置き、このマーカーから5m先にハードルを1m間隔で3個セットします。ハードルの次にはコーン4個で5x5mのスクエアを作ります。ペナルティアーク付近には10m間隔でポールを2本セットします。ポールは黄色、...

  • スポーツ選手・コーチが持つべき3つのパフォーマンスアップのための考え方

    [[{"type":"media","view_mode":"media_large","fid":"22714","field_deltas":{"1":{}},"fields":{},"...

  • ボールポゼッション4 対 4 + サポート4名

    マーカーを使用して30x30mのスクエアを作ります。スクエアの各辺中央にはミニゴールを配置します。4名1チームを3つ(赤、白、緑)作り、赤と白はピッチ内から、緑の4名はスクエア外の4辺に図のように1名ずつスタンバイ。