2 対 1 - オーバーラップ | YouCoach Skip to main content

2 対 1 - オーバーラップ

2 対 1 - オーバーラップ

 
目的
マテリアル
  • マーカー1枚
  • コーン1個
  • ゴール1ヶ所
  • ボール
準備
  • プレーエリア: 25×20m
  • プレイヤー: 3名 +GK1名
  • 所要時間: 20分
  • セット数:2セット × 8分プレー+2分パッシブレスト
概要 第二の目的
ゴールに直結する効果的なオーバーラップを鍛える育成年代向けトレーニング
コントロールオリエンタート(方向付けされたコントロール), ボール扱い, フロントドリブル, パス, フィニッシュ, 正しいポジショニング, ゴールを守りながらのディフェンス, 2対1
オーガナイズ

25x20mのプレーエリアを準備。片側にはゴールを設置。ゴールから20mの距離にコーンを1つ、10m離してマーカーを1枚セット。 コーンにはボールを持ってプレイヤーAスタンバイ、マーカーにはプレイヤーB、2名の先にはディフェンス役のプレイヤーCをスタンバイ。

概要
  1. AはBにパス。
  2. Bはコントローロ・オリエンタート(方向付けのトラップ)の後、ディフェンス役のCと勝負開始。一方でAはパスした後にマーカーを通過してA1のポジションまでオーバーラップ。
  3. BはオーバーラップしたAにパスするか、Cと勝負するかプレーを選択。図ではBはCを欺き、オーバーラップしたAへのパスをチョイス。
  4. パスを受けたAはシュート。

プレー後は3名はA→B→Cの順でローテーション。

 

コーチのポイント
  • 味方のオーバーラップを引き出す掛け声も入れる。
  • オーバーラップの開始と加速のタイミングは味方のプレーと呼応すること。
  • オフェンスには具体的なゴールの形を見せるよう鼓舞する。
  • オフェンス側:
    • ボールホルダーはディフェンスに直進
    • 2人で連携を活用
  • ディフェンス側:
    • ポジショニングの基本はゴールとボールの間。まずは危険なゾーンを閉める
    • ボールウォッチャーにならない
    • 相手のプレーの意図を読む

関連コンテンツ

  • テクニック面向上のためのサーキットトレーニング

    マーカーを用いて、25×25mの四角形を作成する。四角形の中に、スタートの位置のみが反対になった2つの同じ形のサーキットを2つ作成する。図中のようにマテリアルを設置していく:2つのミニゴール(ミニゴールがない場合、...

  • スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン

    40×30mのプレーエリア内、短い方のライン際にゴールを2ヶ所設置。 ピッチ中央にはマーカー4枚で2m四方のスクエアをセット。 9名のプレイヤーを青5名、赤4名の2チーム分け。 青チームから1名スクエア内にスタンバイ。

  • 1対1: 「どちらのミニゴールがお好き?」

    20×15mのプレーエリアをマーカーで作ります。ピッチの両サイドにはミニゴールをセット。ミニゴール付近には4×5mエリアをマーカーで作ります。2チームが両側にスタンバイするラインから4m先にはポール2本で4mサイズのゲートをセット。...

  • パスコースを作り出す

    オーガナイズ 正三角形の頂点にそれぞれ、図中の様に人型のポール1つとポール2つを設置する。ポー ルはそれぞれ2mの間隔を開けて設置する。上に位置する頂点には、ボールを持ったプレイ ヤーA、そのほかにプレイヤーF、Gを配置する;...