テクニック面向上のためのサーキットトレーニング | YouCoach Skip to main content

テクニック面向上のためのサーキットトレーニング

テクニック面向上のためのサーキットトレーニング

 
目的
マテリアル
  • ボール
  • ミニハードル8個
  • ミニゴール2つ(ない場合はポールを使っても良い)
  • マーカー
準備
  • プレーエリア:25×25m
  • プレイヤー数:8人
  • 実施時間:20m
  • セット数:4セット×4分:セット間休憩1分
概要 第二の目的
シュートトレーニング
コーディネーション能力, クイックネス(俊敏性), シュートキック, コントロールオリエンタート(方向付けされたコントロール), パス, クロス, 近い距離からの枠内ボレーシュート, 前のサポート, サポート, 侵入
オーガナイズ

マーカーを用いて、25×25mの四角形を作成する。四角形の中に、スタートの位置のみが反対になった2つの同じ形のサーキットを2つ作成する。図中のようにマテリアルを設置していく:2つのミニゴール(ミニゴールがない場合、代わりにポールを用いてゴールを作成してもよい)を向かい合う2つのライン上に置く:2つのミニゴールの間に、5mの間隔を開けてポールを2つ縦方向に設置する;2つのゴールから見て左手にそれぞれ2つずつサーキットを設置する。2つのサーキットの内容はこのように構成されている:スータート位置にマーカー1つ;1つ1つの距離を30~40cm離してミニハードルを4つ設置する;中央にマーカー2つ(マーカー間の距離は15m、奥のマーカーはゴールラインから5m離して設置)、ゴールにマーカー1つ。8人のプレイヤーはそれぞれ4人ずつの2つのグループに分け、それぞれのスタート位置に立つ。まず、プレイヤーAとボールを持ったプレイヤーBからトレーニングを開始する(同じライン上にいる2人のプレイヤー)

概要

1.コーチの合図とともにプレイヤーAは、2歩ずつのステップを踏みながら目の前にあるミニハードルを越えていき、それと同時にプレイヤーBは目の前にある赤いマーカーまでリフティングをしながら進んでいく。

2.リフティングが終わったプレイヤーBは、自分から近いほうにあるポールが立っているところにいるプレイヤーCへパスをする

3.プレイヤーCはトラップをした後ターンを行い、プレイヤーAにパスを行う

4.パスを受けたプレイヤーAは、遠い方のポールに居るプレイヤーDへパスを行う

5.プレイヤーDはトラップをした後、サポートに来ているプレイヤーBへパスをする

6.プレイヤーBは、ミニゴール方向へ走るプレイヤーAに向けてクロスもしくはスルーパスを行う

7.プレイヤーAは出来るだけ少ないタッチ数でミニゴールへシュートする

8.シュート後、プレイヤーAとBはシュートをしたミニゴール側にある列の後ろに並ぶ(この場合はプレイヤーEとFの後ろ)

・前のグループがシュートを行った後、プレイヤーEとFはそれぞれリフティングとステップを行い、プレイヤーCとDへパスを出していく。

・毎セット後、中央にいるプレイヤーは3組みのペアのうちの1つと交代をする。全てのプレイヤーが中のリターンの役割を担うように交代を行う。

 

ルール
  • ミニハードルで行うステップの種類を変えながらトレーニングを行う:1歩ずつ2歩ずつ、3歩ずつ。前へ進むか、横に進むか。
バリエーション
  1.  プレイヤーの能力に合わせ、パスを2タッチやダイレクトで行わせる
  2. シュートとクロスに関しては、1セット目は2タッチ以上で落ち着いて行わせ、2セット目はダイレクトで行わせ、そして最後のセットのシュートはヘディングで行わせるカタチを取る
コーチのポイント
  • ボールを扱う技術(リフティング、パス、意図のあるトラップ、シュートまでの素早さ)と体を動かす技術(スキップの技術)の向上を目的にこのトレーニングを行う
  • このトレーニングの中には、リターンパス、サポートをする動き、マークを外して裏のスペースへ走り出すなどの、シンプルな戦術的要素も含まれている
  • プレイヤーたちが滑らかで正確な動きをしているかに気を配る
  • 2人のポールの近くにいるプレイヤーに、ボールを止まった状態で受けるのではなく、逆を取るオフザボールの動きを加えながらボールを受けに行くようにさせる

Autore

| テクニカルディレクター(常駐)

学歴:

ヴェローナ大学 スポーツ運動科学部 卒業

(専攻:スポーツ活動における指導方法論と成長期の身体と運動の発育)

指導歴:

2001年~2009年 ACキエーヴォ・ヴェローナ

2009年~2010年 エラス・ヴェローナFC(基礎部門責任者)

2012年     ACミランアカデミー部門

2012年     ACミランスクール大分(テクニカルディレクター)

2012年     ACミランスクール千葉(テクニカルディレクター)

資格:

欧州サッカー連盟(UEFA)公認B

フィジカルトレーナー

アスレティックトレーナー

関連コンテンツ

  • RSA とボールへのダイビング

    プレーエリア内に図のようにコーンを3個配置します。そしてコーンから3m先に2m間隔でポールを計4本セットします。 GKは中央のコーンからプレーをスタートします。GKから12m先にはボール配給役のコーチをスタンバイ。

  • 対峙プレー - レアル マドリー CF

    ハーフウェーライン手前、サイドラインから10m内側にコーンを1個ずつセットしスタート地点を2ヶ所作ります。このスタート地点からペナルティマークを結ぶ線上にコースを作っていきます。...

  • スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン

    40×30mのプレーエリア内、短い方のライン際にゴールを2ヶ所設置。 ピッチ中央にはマーカー4枚で2m四方のスクエアをセット。 9名のプレイヤーを青5名、赤4名の2チーム分け。 青チームから1名スクエア内にスタンバイ。

  • 1対1: 「どちらのミニゴールがお好き?」

    20×15mのプレーエリアをマーカーで作ります。ピッチの両サイドにはミニゴールをセット。ミニゴール付近には4×5mエリアをマーカーで作ります。2チームが両側にスタンバイするラインから4m先にはポール2本で4mサイズのゲートをセット。...