ゴールキーパーシュートトレーニング | YouCoach Skip to main content

ゴールキーパーシュートトレーニング

ゴールキーパーシュートトレーニング

 
目的
マテリアル
  • 濡れたビニールシート
  • ボール数個
  • ゴール1つ
準備
  • 40×20メートル(ペナルティーエリア)
  • プレイヤー:ゴールキーパー2人
  • プレイ時間:10分
  • セット数:各キーパー10回ずつ
概要 第二の目的
シュートへの反応
反応
オーガナイズ

3つのビニールシートを敷きます(コートにある横断幕でも代用可)。中央、右ポストの前、左ポストの前に置きます。

このビニールシートはボールにスピードをかけるために濡らしときます

ルール
  • シュート打つプレイヤーはゴールに向かって枠内に蹴る

バリエーション
  1. シートの下にマーカーコーンやポールを入れることによってなお軌道が読みづらくなります。
コーチのポイント
  • ゴールキーパーのポジショニング
  • ダイビングの動きが正しいか
  • ボールへの反応
レベル:
カテゴリー: 
タグ: 

Autore

関連コンテンツ

  • パスライン - アーセナル FC

    プレーエリア内に10m離して斜めにコーンを2個セットします。 同様に反対側にもコーンをセットします。 プレーヤーAは青のゾーンに、プレーヤーB、Cは左右のサイドに配置。ボールはプレーヤーAから。

  • フリースペースの認知とクロス - ボルシア ドルトムント BVB

    3つのポジションに分けていきます。まず右サイドのゴールラインから20m先にコーンを置きクロッサー役Aをスタンバイ。ゴールから20m先にも同じくコーンを置き、アタッカー役Bをスタンバイ。ゴール横にコーンを置き、ディフェンス役Cをスタンバイ。...

  • 4 対 4 のスモールサイドゲーム - マンチェスターユナイテッド

    マンチェスターユナイテッドFC下部組織において誰しもが行ってきた伝統的な4対4のスモールサイドゲーム(SSG)です。このトレーニングではゴールに直結する好機の演出とそのために必要なポジショニングを覚えましょう。ウォームアップ、...

  • 枠内シュート - ケース 1 - バイエルン ミュンヘン FC

    40x25mのプレーエリア内にゴールを2ヶ所、そしてコーンを図のように配置します。スタート地点となるゴール横のコーンにはボールを持ったプレーヤーを1名ずつ、ピッチ中央寄りのコーンにはプレーヤーを1名ずつスタンバイ。...