ゴールキーパーシュートトレーニング | YouCoach Skip to main content

ゴールキーパーシュートトレーニング

ゴールキーパーシュートトレーニング

 
目的
マテリアル
  • 濡れたビニールシート
  • ボール数個
  • ゴール1つ
準備
  • 40×20メートル(ペナルティーエリア)
  • プレイヤー:ゴールキーパー2人
  • プレイ時間:10分
  • セット数:各キーパー10回ずつ
概要 第二の目的
シュートへの反応
反応
オーガナイズ

3つのビニールシートを敷きます(コートにある横断幕でも代用可)。中央、右ポストの前、左ポストの前に置きます。

このビニールシートはボールにスピードをかけるために濡らしときます

ルール
  • シュート打つプレイヤーはゴールに向かって枠内に蹴る

バリエーション
  1. シートの下にマーカーコーンやポールを入れることによってなお軌道が読みづらくなります。
コーチのポイント
  • ゴールキーパーのポジショニング
  • ダイビングの動きが正しいか
  • ボールへの反応
レベル:
カテゴリー: 
タグ: 

Autore

関連コンテンツ

  • アジリティーとボールドリブル‐バレンシアCF

      コーンを使用して10メートル×10メートルのグリッドを作成し4つの内1つは黄色のコーンを使用します(スタート地点)。グリッドの中央には5つ目のコーンを置きます。図のようにコーンに番号を割り振ります。...

  • 連続したパス‐FCバイエルンミュンヘン

      25×15メートルの長方形になるように4つのコーンを配置し、長方形の中央には間の距離が10メートルとなるようにマーカーを2枚並べる(図のように)。2人のプレイヤー(ディフェンス)にビブスを渡して、...

  • ボールポゼッション‐6対3

    マーカーを使って25×20メートルのプレーエリアを作ります。それぞれ4つのコーナーに、広さ2メートルのミニゴールをコーン2つ使って作成します。色付きのビブスを使用してプレーヤーを2チームに分けます(6人がポゼッション役、...

  • スピードと筋力強化‐アヤックスFC

    3枚のマーカーを直線上に、スタート地点はペナルティーエリアのライン、ゴール地点をセンターライン上に置く(約30メートル)。それから、今作ったラインと並行のラインを、10メートル離した場所に作る。...