ゴールキーパーシュートトレーニング | YouCoach Skip to main content

ゴールキーパーシュートトレーニング

ゴールキーパーシュートトレーニング

 
目的
マテリアル
  • 濡れたビニールシート
  • ボール数個
  • ゴール1つ
準備
  • 40×20メートル(ペナルティーエリア)
  • プレイヤー:ゴールキーパー2人
  • プレイ時間:10分
  • セット数:各キーパー10回ずつ
概要 第二の目的
シュートへの反応
反応
オーガナイズ

3つのビニールシートを敷きます(コートにある横断幕でも代用可)。中央、右ポストの前、左ポストの前に置きます。

このビニールシートはボールにスピードをかけるために濡らしときます

ルール
  • シュート打つプレイヤーはゴールに向かって枠内に蹴る

バリエーション
  1. シートの下にマーカーコーンやポールを入れることによってなお軌道が読みづらくなります。
コーチのポイント
  • ゴールキーパーのポジショニング
  • ダイビングの動きが正しいか
  • ボールへの反応
レベル:
カテゴリー: 
タグ: 

Autore

関連コンテンツ

  • RSA とボールへのダイビング

    プレーエリア内に図のようにコーンを3個配置します。そしてコーンから3m先に2m間隔でポールを計4本セットします。 GKは中央のコーンからプレーをスタートします。GKから12m先にはボール配給役のコーチをスタンバイ。

  • テクニック面向上のためのサーキットトレーニング

    マーカーを用いて、25×25mの四角形を作成する。四角形の中に、スタートの位置のみが反対になった2つの同じ形のサーキットを2つ作成する。図中のようにマテリアルを設置していく:2つのミニゴール(ミニゴールがない場合、...

  • 対峙プレー - レアル マドリー CF

    ハーフウェーライン手前、サイドラインから10m内側にコーンを1個ずつセットしスタート地点を2ヶ所作ります。このスタート地点からペナルティマークを結ぶ線上にコースを作っていきます。...

  • スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン

    40×30mのプレーエリア内、短い方のライン際にゴールを2ヶ所設置。 ピッチ中央にはマーカー4枚で2m四方のスクエアをセット。 9名のプレイヤーを青5名、赤4名の2チーム分け。 青チームから1名スクエア内にスタンバイ。