ゴールキーパーシュートトレーニング | YouCoach Skip to main content

ゴールキーパーシュートトレーニング

ゴールキーパーシュートトレーニング

 
目的
マテリアル
  • 濡れたビニールシート
  • ボール数個
  • ゴール1つ
準備
  • 40×20メートル(ペナルティーエリア)
  • プレイヤー:ゴールキーパー2人
  • プレイ時間:10分
  • セット数:各キーパー10回ずつ
概要 第二の目的
シュートへの反応
反応
オーガナイズ

3つのビニールシートを敷きます(コートにある横断幕でも代用可)。中央、右ポストの前、左ポストの前に置きます。

このビニールシートはボールにスピードをかけるために濡らしときます

ルール
  • シュート打つプレイヤーはゴールに向かって枠内に蹴る

バリエーション
  1. シートの下にマーカーコーンやポールを入れることによってなお軌道が読みづらくなります。
コーチのポイント
  • ゴールキーパーのポジショニング
  • ダイビングの動きが正しいか
  • ボールへの反応
レベル:
カテゴリー: 
タグ: 

Autore

関連コンテンツ

  • ウォームアップサーキット

    20x20mスクエア内に図のようにマテリアルを配置していきます。 スタート地点にはマーカー1枚とフラフープ4つ、コース上部にはスピードラダーを、左サイドにはポール3本でスラローム、下部には30mの距離でミニハードル6個セット。...

  • コーンを使ってエアロビックトレーニング - ユベントス FC

    5対5の試合用のピッチを40x40mで作り、両サイドにコーンを7個ずつ立てておきます。

  • インターバルトレーニング - バルセロナ FC

    まず初めに、このメニューのテーマは持久力とスピードの強化ということでセッション中は激しく体力を消耗します。 プレーヤーのアジリティ、フィジカル、持久力を一度に修練できるプログラムとなっています。 インターバルトレーニング(...

  • ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

    コーン3個で25m辺のトライアングルを作り、その中に5m間隔のミニトライアングルをポール3本で作ります。ミニトライアングルの先にはコーン2個でゲートを作り、さらに10m先に1m間隔のミニゲートをポール2本で作れば準備完了。...