ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス | YouCoach Skip to main content

ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

 
目的
マテリアル
  • コーン5個
  • ポール5本
  • ボール
準備
  • プレーエリア: 25 x 35m
  • プレーヤー: 12名
  • 所要時間: 15分
  • セット数:3セット x 4分プレー(1分パッシブレスト)
概要 第二の目的
ボール運びと狙いを定めたパスを鍛えるトレーニングメニューです
キック, テクニカルサーキット
オーガナイズ

コーン3個で25m辺のトライアングルを作り、その中に5m間隔のミニトライアングルをポール3本で作ります。ミニトライアングルの先にはコーン2個でゲートを作り、さらに10m先に1m間隔のミニゲートをポール2本で作れば準備完了。全プレーヤーは1人1球ボールを持って、スタート地点の黄色コーンにスタンバイ。

概要
  1. 1人目のプレーヤーはボールドリブル開始。
  2. 全てのコースを終えたら、プレーヤーはゲートの位置からポール2本(ターゲット)を通過するよう狙いを定めてパス。
  3. パスを終えたら再度列に並ぶ。

 

バリエーション
  1. 逆足でボール運びにチャレンジ。
  2. 下記の通りボール運びの足の部位にもバラエティを持たせる。
    1. アウトサイドで
    2. インサイドで
    3. 足の裏で
    4. 後方部分のインサイドで
コーチのポイント
  • ボールは足の近く。
  • パスの際の軸足はパス方向に向いているか注目。パスした後にボールの軌道と、蹴り足の振りの軌道がシンクロしているか注目
  • パスの際のインパクトを意識。
  • ボール運びの際は胸部の下にボールが来るように前傾姿勢をキープ。
  • ルックアップを常に意識。
  • 方向展開の際には主にアウトサイドかインサイドを使用。
  • 状況把握のためにもプレー中の視野の確保を意識。
レベル:
カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ

  • ウォームアップサーキット

    20x20mスクエア内に図のようにマテリアルを配置していきます。 スタート地点にはマーカー1枚とフラフープ4つ、コース上部にはスピードラダーを、左サイドにはポール3本でスラローム、下部には30mの距離でミニハードル6個セット。...

  • コーンを使ってエアロビックトレーニング - ユベントス FC

    5対5の試合用のピッチを40x40mで作り、両サイドにコーンを7個ずつ立てておきます。

  • テクニック面向上のためのサーキットトレーニング

    マーカーを用いて、25×25mの四角形を作成する。四角形の中に、スタートの位置のみが反対になった2つの同じ形のサーキットを2つ作成する。図中のようにマテリアルを設置していく:2つのミニゴール(ミニゴールがない場合、...

  • 対峙プレー - レアル マドリー CF

    ハーフウェーライン手前、サイドラインから10m内側にコーンを1個ずつセットしスタート地点を2ヶ所作ります。このスタート地点からペナルティマークを結ぶ線上にコースを作っていきます。...