ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス | YouCoach Skip to main content

ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

 
目的
マテリアル
  • コーン5個
  • ポール5本
  • ボール
準備
  • プレーエリア: 25 x 35m
  • プレーヤー: 12名
  • 所要時間: 15分
  • セット数:3セット x 4分プレー(1分パッシブレスト)
概要 第二の目的
ボール運びと狙いを定めたパスを鍛えるトレーニングメニューです
キック, テクニカルサーキット
オーガナイズ

コーン3個で25m辺のトライアングルを作り、その中に5m間隔のミニトライアングルをポール3本で作ります。ミニトライアングルの先にはコーン2個でゲートを作り、さらに10m先に1m間隔のミニゲートをポール2本で作れば準備完了。全プレーヤーは1人1球ボールを持って、スタート地点の黄色コーンにスタンバイ。

概要
  1. 1人目のプレーヤーはボールドリブル開始。
  2. 全てのコースを終えたら、プレーヤーはゲートの位置からポール2本(ターゲット)を通過するよう狙いを定めてパス。
  3. パスを終えたら再度列に並ぶ。

 

バリエーション
  1. 逆足でボール運びにチャレンジ。
  2. 下記の通りボール運びの足の部位にもバラエティを持たせる。
    1. アウトサイドで
    2. インサイドで
    3. 足の裏で
    4. 後方部分のインサイドで
コーチのポイント
  • ボールは足の近く。
  • パスの際の軸足はパス方向に向いているか注目。パスした後にボールの軌道と、蹴り足の振りの軌道がシンクロしているか注目
  • パスの際のインパクトを意識。
  • ボール運びの際は胸部の下にボールが来るように前傾姿勢をキープ。
  • ルックアップを常に意識。
  • 方向展開の際には主にアウトサイドかインサイドを使用。
  • 状況把握のためにもプレー中の視野の確保を意識。
レベル:
カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ

  • テーマ付き 2 対 2

    マーカーを使用して35x40mのプレーエリアを作ります。ピッチを図のように2つのゾーンに分割し、両ゾーンの短辺にはゴールを1ヶ所ずつ配置。片方のゴール両脇にはミニゲートを1つずつ追加。ゲートの間隔は1,5mに設定します。...

  • テクニカル サーキット - BVB ボルシア ドルトムント

    センターサークル付近にマーカーを1枚置き、このマーカーから5m先にハードルを1m間隔で3個セットします。ハードルの次にはコーン4個で5x5mのスクエアを作ります。ペナルティアーク付近には10m間隔でポールを2本セットします。ポールは黄色、...

  • スポーツ選手・コーチが持つべき3つのパフォーマンスアップのための考え方

    [[{"type":"media","view_mode":"media_large","fid":"22714","field_deltas":{"1":{}},"fields":{},"...

  • ボールポゼッション4 対 4 + サポート4名

    マーカーを使用して30x30mのスクエアを作ります。スクエアの各辺中央にはミニゴールを配置します。4名1チームを3つ(赤、白、緑)作り、赤と白はピッチ内から、緑の4名はスクエア外の4辺に図のように1名ずつスタンバイ。