どのように小さな子供達とコミュニケーションをとるべきか? | YouCoach Skip to main content

どのように小さな子供達とコミュニケーションをとるべきか?

どのように小さな子供達とコミュニケーションをとるべきか?

 
目的
概要
小さな子供達がいるチームを正しくコントロールするためには良いコミュニケーションが必要不可欠となる。

 

この年代で、子供は正しく判断する方法や感情をコンロトールする方法という重要で論理的な能力を獲得します。この転換期に、子供達は抽象的概念を使い始めます。自分の感情を伝える中で、自分自身に向けられた言葉を遠ざけ、自分の考えに意味を与えようとします。

 

この年代の子供に話す時は、分かりやすく、好奇心をかき立てるものではなくてはいけません。子供達に何度も彼らの視点を聞いてみよう。仲間やコーチとの関係作りの方法や「スポーツ」を生きる方法に関して、彼らが考えていることを表現しやすい雰囲気を作り出すことが大切となるでしょう。この年代の子供達には、短い会話の時間を利用し、シンプルな言葉遣いで向き合うことが大切である。

 

この年代の子供は、自分の力だけで自分自身の「人生」を体験しようとし始めます。小さなプレイヤー達に自分だけの場所とも言えるピッチを自由に感じさせることが本当に大切になります。通常、多くの保護者は、子供達のスポーツの世界からは切り離された穏やかな態度を示します。多くの子供たちは自我が目覚め、我儘さも目立ってきます。また、緑の長方形のピッチの中で自身をコントロールする能力も身についてきます。自分がする全ての経験の中で、ルール(規則)を守ること、イニシアチブ(主導権)をとること、コーチの話を聞くこと、仲間を大切にすることなど、本当に多くのことを学びます。

 

 

これまでの世界から自立するためのこれらのアプローチも親離れの時には、大きな迷いを生むものです。お父さん、お母さんから離れてピッチに入ることを拒否したり、練習をしたくないと突然の腹痛に襲われたり、ピッチの中にいても親を探すなど注意力散漫な態度を見せたりと自立の難しさが度々見受けられます。この時期、子供は自分一人でなんでもやってみたいという意欲がありながらも、未だに家族に大きく依存しているのです。また、失うことの意味を理解したり、自分から何かを放棄することに対する不安を覚えるようになります。一方で両親との結びつきもより強固なものとなります。なぜなら、思春期前半に起きる連続的な感情の爆発によって、両親から離れる必要性を感じ始めることもあるからです。コーチは、小さなプレイヤーの傷つきやすい時期の中にも心地よさがあることを感じさせ、子供達に自立を促していきます。まさに彼らの親であるかのようなに子どもの中にある安心感や守られているという感覚に与えながらも、ナーバスな時期にいる子供達に敏感でなくてはいけません。

 

カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ

  • ポジティブに話すこと:効果的なコミュニケーションの基本

      小さい頃から、子供たちはやってはいけないことやルールを教えられている:“これに触るな...走るな...口に手をやるな”。 成長してもそれは変わらない、上手く言えば、やってはいけないこととルールが変わるのであって、...

  • フォーミュラ1

    マーカーを並べてグリッドを作ります。 グリッドの中にプレイヤーを配置します。 ボールは1人1個

  • ドリブルからの1対1+シュート

    ピッチ中央に4つのマーカーを使い、5 x 5mのグリッドを作成。グリッドから3m間隔で3つのコーンを使い、スラロームを作成。スラロームを基準にスタート地点のマーカーを設置。ここをゾーンAとする。このグリッドに対して(スラロームとは反対側)...

  • サークル内にパス

    マーカーで15×15mスクエアを配置。そのスクエア内に半径5mのサークルをマーカーで作ります。 サークル内にはプレイヤー1名スタンバイ。 外のプレイヤーはボール1名1球。