GK向けゲーム: 「ハンカチ取り」 | YouCoach Skip to main content

GK向けゲーム: 「ハンカチ取り」

GK向けゲーム: 「ハンカチ取り」

 
目的
マテリアル
  • ピッチ準備用のマーカー5枚
  • ポール4本
  • ボール
準備
  • プレーエリア: 10 x 20m
  • プレーヤー: 6名から
  • 所要時間: 15分
  • セット数:5セット x 2分プレー(1分パッシブレスト)
概要 第二の目的
GKに必要な集中力を高めるレース形式トレーニング
サイコキネティック, 1つのゾーンに集まる
オーガナイズ

10x20mのピッチを準備し、両側にポール2本でゲートを2ヶ所作ります。チームは2つに分けて、対戦相手(できるだけ勝負が均衡するペア分け)と、ペアの番号を決めておきます。両チーム攻撃方向を決めたら、ピッチ中央にシュートゾーン用のマーカーを1枚置いて準備完了。 

概要
  • イタリアの子どもたちが遊びで行う「ハンカチ取り」をトレーニングに取り入れ、GKに必要なテクニックを養います。
  • コーチはピッチ外でボールを持ってスタンバイ。コーチがペアの番号を指定したらボールをピッチ内に投げ入れてゲーム開始。番号の指定は自由。指を使ったり、口頭で合図しても構いません。
  • 呼ばれた両者はすぐに立ち上がり、投げられたボールにダイビング。
  • ボールを取れた方はオフェンス。相手がゴールを守る準備できたら中央マーカーからシュート。
  • もしシュートを止めたら、そのボールで1vs1開始。ディフェンスは相手ゴールにカウンターアタック。
  • ゴールが決まったり、ボールが外に出たらプレー終了。
  • 先に10点先取したチームの勝ち。

 

 

プレー例

バリエーション
  1. ピッチ内にバウンドしたボールを投げ込むことでキャッチングの難易度アップ。
  2. GKのシュートは浮き球で。
  3. シュート時、セービング後の1vs1ではコーチ指定の足でプレー。
コーチのポイント
  • スプリントを通じてフィジカルコンディションを上げるウォームアップ。
  • 合図が出てからの高い集中力の維持。
  • 育成年代、特に下のカテゴリーのプレーヤーには楽しみの要素を与えてあげましょう。
  • GKのために手足両方でボールを扱う技術を伸ばす。

関連コンテンツ

  • ウォームアップサーキット

    20x20mスクエア内に図のようにマテリアルを配置していきます。 スタート地点にはマーカー1枚とフラフープ4つ、コース上部にはスピードラダーを、左サイドにはポール3本でスラローム、下部には30mの距離でミニハードル6個セット。...

  • コーンを使ってエアロビックトレーニング - ユベントス FC

    5対5の試合用のピッチを40x40mで作り、両サイドにコーンを7個ずつ立てておきます。

  • ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

    コーン3個で25m辺のトライアングルを作り、その中に5m間隔のミニトライアングルをポール3本で作ります。ミニトライアングルの先にはコーン2個でゲートを作り、さらに10m先に1m間隔のミニゲートをポール2本で作れば準備完了。...

  • RSA とボールへのダイビング

    プレーエリア内に図のようにコーンを3個配置します。そしてコーンから3m先に2m間隔でポールを計4本セットします。 GKは中央のコーンからプレーをスタートします。GKから12m先にはボール配給役のコーチをスタンバイ。