6 対 6のボールポゼッション | YouCoach Skip to main content

6 対 6のボールポゼッション

6 対 6のボールポゼッション

 
目的
マテリアル
  • マーカー
  • コーン7個
  • ビブス6枚
  • ボール
準備
  • プレーエリア: 40×30m
  • プレーヤー: 12名
  • 所要時間: 15分
  • セット数:3セット×4分(インターセプト1分)
概要 第二の目的
プレッシャーがかかる中でのポゼッションキープをテーマとした6対6のスモールサイドゲーム
コントロールオリエンタート(方向付けされたコントロール), マークを外す, パス, マークにつく, インターセプト, ボディコンタクト, プレーエリアの幅
オーガナイズ

マーカーで35×25mの長方形を作ります。ピッチ内には計7個のコーンをランダムにセットし、2チームはピッチ内にスタンバイ。

概要
  • オフェンス側の6名はできる限りの時間ボールポゼッションを行う。
  • ディフェンス6名はボールを奪いに行きます。
  • ポゼッション中にもしコーンを1つ倒せたらチームに1ポイント

 

 

バリエーション
  1. チーム3名、トライアングルのパスワークからコーンを倒したら1点。
コーチのポイント
  • 両チーム100%のインテンシティで臨むためのアドバイスとして、オプションの追加をおすすめします。例えば、「6回連続パス成功で1点」といったオプションを加える事でチーム間のパスワークのテンポを一段階引き上げることができます。ディフェンス側も連続パスを阻止するためにもプレッシャーのインテンシティが上がってきます。
  • ボールポゼッション
    • トライアングルの形成(プレーヤーからのプレッシャーを避けるために効果的)。
    • ネガティブ・トランジションへの素早い対応を。特に奪われた瞬間ボールに一番近いプレーヤーがプレッシャーをかけることを忘れずに。
    • 味方同士の距離感をキープ。
    • 体の開きに注意。常にピッチを広い角度で見渡せる開きを意識。
    • 次のプレーに向けてフリースペースに向かうパスアンドゴーの使用もリクエスト。
    • 共通理解として、縦パス・バックパスしかり、どの状況においてもボールホルダーに対してパスコースを確保する味方がいること。
    • ボールホルダーに近い味方は次のアクションを常に頭にイメージしておくこと。サポートに向かうべきか、縦を要求するのか、連続する状況の中で味方との関係性を強化する。
    • ボールを受ける動作に加えて、プルアウェイ、プッシュアウェイといったオフザボールの動きも欠かさずに。
    • 味方はサポートの機会を常に伺う事。味方2名がピッチに対して横か縦ラインで並び、ボールホルダーに斜めのパスコースを確保してあげること。
    • カテゴリー次第でピッチサイズの調整を行う。

Autore

| スクールコーチ、イタリア語通訳

関連コンテンツ

  • アジリティーとボールドリブル‐バレンシアCF

      コーンを使用して10メートル×10メートルのグリッドを作成し4つの内1つは黄色のコーンを使用します(スタート地点)。グリッドの中央には5つ目のコーンを置きます。図のようにコーンに番号を割り振ります。...

  • 連続したパス‐FCバイエルンミュンヘン

      25×15メートルの長方形になるように4つのコーンを配置し、長方形の中央には間の距離が10メートルとなるようにマーカーを2枚並べる(図のように)。2人のプレイヤー(ディフェンス)にビブスを渡して、...

  • ボールポゼッション‐6対3

    マーカーを使って25×20メートルのプレーエリアを作ります。それぞれ4つのコーナーに、広さ2メートルのミニゴールをコーン2つ使って作成します。色付きのビブスを使用してプレーヤーを2チームに分けます(6人がポゼッション役、...

  • スピードと筋力強化‐アヤックスFC

    3枚のマーカーを直線上に、スタート地点はペナルティーエリアのライン、ゴール地点をセンターライン上に置く(約30メートル)。それから、今作ったラインと並行のラインを、10メートル離した場所に作る。...