2対1:パス、マークを外す、ディフェンスの位置 | YouCoach Skip to main content

2対1:パス、マークを外す、ディフェンスの位置

2対1:パス、マークを外す、ディフェンスの位置

 
目的
マテリアル
  • マーカー 4個
  • ボール 数個
準備
  • プレーエリア:15×15m
  • プレーヤー:3人1組
  • 所要時間: 12分
  • セット数: 3分×3セット(インターバル1分)
概要 第二の目的
育成年代のプレーヤーがパス、マークを外すこと、そしてディフェンスの位置を訓練するための状況トレーニング
マークを外す, インターセプト, ボールポゼッション
オーガナイズ

4人のプレーヤーをグリッドの中に配置し、1人は手にビブスを持つ。

ルール
  • プレーヤーはグリッドの中を自由に動くことができる。
  • ビブスを持たない2人のプレーヤーはビブスを手に持ったプレーヤーにボールをインターセプトされないように素早くグラウンダーでパスをする。
  • もしビブスを持ったプレーヤーがボールをインターセプトできた場合は、そのボールをグリッドの外へ運ばなければならない。
  • もしビブスを持ったプレーヤーがグリッドから出ることができたら、ミスをしたプレイヤーと役割を交代しプレーを再開する。
  • もしプレーヤーがミスを犯したら(パスでボールが出たり、ボールが浮いた場合)、ビブスを持っているプレイヤーの役割を請け負う。
  • トレーニングはタッチ数フリーで行う。
  • アクティブブレイクを挟みながら1セッション3分。

 

バリエーション
  1. 3タッチでプレーする
  2. 2タッチでプレーする
  3. コントロール・オリエンタートを義務付ける。
コーチのポイント
  • 育成年代のプレーヤーたちは特にパスとコントロールに気を配りましょう。
  • プレーヤーたちに対して、以前のトレーニングでより自由に採用されていた方向性を持ったトラップとその場でのトラップの違いを説明し、行うべきトラップの方法を選択させ始めてよいでしょう。このトレーニングではプレーヤーに選択の自由を与え、バリエーションとして方向性を持ったトラップがあることにします。
  • トレーニングとレストの時間を適切に。
レベル:
カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ