2対1「マークを外す動きからのシュート」 | YouCoach Skip to main content

2対1「マークを外す動きからのシュート」

2対1「マークを外す動きからのシュート」

 
目的
マテリアル
  • ゴール1ヶ所
  • ボール
  • マーカー
  • ビブス
準備
  • プレーエリア:25×35m
  • プレーヤー: 11名
  • 所要時間: 20分
  • セット数:2セット×8分(アクティブレストインターバル2分)
概要 第二の目的
2対1のシチュエーショントレーニング
マークを外す, ショートパス, フィニッシュ, マークにつく
オーガナイズ

ペナルティエリア外に10×10mmのミニスクエアを2つ作り、各スクエアにオフェンスとディフェンス1名ずつ配置。スクエアから10m離れた場所にはスタート地点を計2列作り、オフェンスをスタンバイ。

概要
  • ディフェンスを抜いてからゴールを狙いましょう。
  • オフェンス2名、ディフェンス1名の2対1です。
  • オフェンス側はオフサイド適用します。
  • オフェンス側はスクエア内にいる味方を必ず経由してゴールに向かう事。スクエア内の味方はパスを受けるための予備動作(マークを外す動き)が要求されます。
  • スタート地点に並んでいるオフェンスはスクエア内の味方(2名のうちどちらでも構いません)にパスしてからプレースタート。
  • 2対1のプレーを終えたら隣の組がスタートします。

ここでは図を元に、スクエア内で起こる2対1をシュミレーションしてみます。

  1. BはCからマークを外します。
  2. AはBにパス。
  3. パスしたAはスクエアに進入し、2対1スタート。

 

 

  1. BはAにパス。
  2. AはBに再度パス。
  3. Bはそのままスクエアをドリブル突破。
  4. Bがシュート。

終えたら次はDからスタートします。

 

コーチのポイント

オフェンス側

  • プレーヤー同士横並びではなく、スペースのバランスを意識した連携を図ること。
  • ボールホルダーはディフェンスに向けて直進(仕掛ける)。
  • サポート側は味方のボールの置き場所で次のプレーのサインを読み取る。例えば、味方がゴール方向にボールを置いている場合、縦を狙う。味方がゴールを背に向けてボールを置いている場合、サポートに入る。
  • オフサイドに注意。
  • 2名の連係を有効活用しましょう。

ディフェンス側

  • ボールが出てきた瞬間にリスク回避でボールとゴールの間にポジション取り。そして相手との間合いを詰める。
  • オフサイドラインを可能な限り上げる。
  • 2名の連携を阻むコース取り。
  • ボールホルダーのプレーを読む。

関連コンテンツ