1対1: 「どちらのミニゴールがお好き?」 | YouCoach Skip to main content

1対1: 「どちらのミニゴールがお好き?」

1対1: 「どちらのミニゴールがお好き?」

 
目的
マテリアル
  • マーカー
  • ボール
  • ビブス5枚
  • ミニゴール2個
  • ポール2本
準備
  • プレーエリア:20×15m
  • プレイヤー: 10名
  • 所要時間: 16分
  • セット数:4セット×3分プレー(1分パッシブレスト)
概要 第二の目的
ミニゴールへのフィニッシュと1対1スキルを伸ばすシチュエーショントレーニング
スピードに乗った状態でボールを運ぶ, ドリブル, フィニッシュ, 正しいポジショニング, ボディコンタクト
オーガナイズ

20×15mのプレーエリアをマーカーで作ります。ピッチの両サイドにはミニゴールをセット。ミニゴール付近には4×5mエリアをマーカーで作ります。2チームが両側にスタンバイするラインから4m先にはポール2本で4mサイズのゲートをセット。 ゲートがあるサイドには白チーム(オフェンス役)がスタンバイ、反対側には赤チーム(ディフェンス役)がスタンバイ。ディフェンス側は1人1球ボールを持っておく。

概要
  1. AはBにパス。この時のパスはグラウンダーでゲートを通過すること。
  2. パスを受けたBはトラップして目の前のゲートまでドリブル。
  3. ゲート通過したら、Bは2ヶ所あるミニゴールのうち1ヶ所に攻撃。Aはディフェンスとなり1対1開始。

セット毎にオフェンス役⇔ディフェンス役交代。

 

ルール
  • プレイヤーBは左右の黄エリアに入ったらシュート可能。
  • もしディフェンス役のプレーヤーAがボールを奪ったら、反対サイドのミニゴールに攻撃。
  • ゴールを決めたら1ポイント。
  • 全セット終了後に得点を集計して勝敗決定。
コーチのポイント

オフェンス側

  • 1対1では攻撃の引き出しが問われます。スピードに乗ったドリブルから素早い仕掛けを意識しましょう。
  • プレースピードが遅くならないようフェイントなどを駆使して、タイミングを計らせない。

ディフェンス側

  • ボールが出てきた瞬間にリスク回避でボールとゴールの間にポジション取り。そして相手との間合いを詰める。
  • 相手のプレー、利き足を見ながら相手の苦手なサイドへ誘導する。

関連コンテンツ

  • RSA とボールへのダイビング

    プレーエリア内に図のようにコーンを3個配置します。そしてコーンから3m先に2m間隔でポールを計4本セットします。 GKは中央のコーンからプレーをスタートします。GKから12m先にはボール配給役のコーチをスタンバイ。

  • テクニック面向上のためのサーキットトレーニング

    マーカーを用いて、25×25mの四角形を作成する。四角形の中に、スタートの位置のみが反対になった2つの同じ形のサーキットを2つ作成する。図中のようにマテリアルを設置していく:2つのミニゴール(ミニゴールがない場合、...

  • 対峙プレー - レアル マドリー CF

    ハーフウェーライン手前、サイドラインから10m内側にコーンを1個ずつセットしスタート地点を2ヶ所作ります。このスタート地点からペナルティマークを結ぶ線上にコースを作っていきます。...

  • スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン

    40×30mのプレーエリア内、短い方のライン際にゴールを2ヶ所設置。 ピッチ中央にはマーカー4枚で2m四方のスクエアをセット。 9名のプレイヤーを青5名、赤4名の2チーム分け。 青チームから1名スクエア内にスタンバイ。