方向付けされたコントロール(コントロールオリエンタード)と1対1 | YouCoach Skip to main content

方向付けされたコントロール(コントロールオリエンタード)と1対1

方向付けされたコントロール(コントロールオリエンタード)と1対1

 
目的
マテリアル
  • マーカー2枚
  • ビブス4枚
  • ボール
  • ゴール1ヶ所
準備
  • プレーエリア: 60x40m
  • プレイヤー: 12名 + GK1名
  • 所要時間: 20分
  • セット数:4セットx4分プレー+1分パッシブレスト
概要 第二の目的
1対1シチュエーション訓練と方向付けされたコントロールの有効なトレーニング
ひっくり返る, コントロールオリエンタート(方向付けされたコントロール), ドリブル, パス, フィニッシュ, ゴールを守りながらのディフェンス
オーガナイズ

トレーニングに必要な広さは、60×40メートル。フィールドの左サイド、ゴールから25メートルの地点に2つのコーンを使い5メートル幅のゲートを1つ作る。4人1組で3グループにチーム分けをする。1つ目のグループは、ゲートの10メートル手前の位置にそれぞれボールを持って集まる。2つ目のグループは、ゲート反対側のペナルティエリア付近でゴールに肩を向けて立つ(図に示されたように)。3つ目のグループは、(図のように)ゴールの側面にビブスを着て立つ。ゴールキーパーは、ゴールを守る。

概要
  • コーチのスタート合図によって、プレイヤーAはゲートに向けてボールを出し、それに対して、プレイヤーBはパスを受けるために駆け寄る。

  • ボールを受け取る際に、プレイヤーBは可能な限り素早いフィニッシュを意識して、ゴール方向にファーストタッチコントロールを行う。一方、ディフェンスCは、でんぐり返しを1回やった後、フィニッシュを決められないようにプレイヤーBへプレッシャーをかけに行く。1対1の状況が生まれる。

  • プレイヤーBがディフェンスCを抜き去れば、ゴールへシュートすることができる。

  • ディフェンスCがプレイヤーBを止めれば、1ゲーム終了となる。

  • 1ゲーム終了ごとに3プレイヤーは、役割交替する。(AがBの役にまわり、BがディフェンスCの役につき、Cはボールを持ってAのポジションにつく)

バリエーション
  1. フィールド中央、ゴールから25メートルの場所にゲートを追加し、ディフェンスCがボールを奪取した場合には、ゲートに向かってフィニッシュすることでゲーム終了とする。

  2. 反対側サイドでも同様にトレーニング。

コーチのポイント
  • 1対1時のディフェンスCのポジションに細心の注意を払う。

  • フォワードBに対して、できる限り早くフィニッシュさせるよう仕向ける。

関連コンテンツ