予期せぬギア | YouCoach Skip to main content

予期せぬギア

予期せぬギア

 
目的
概要
小さい頃からのモチベーションの後押しによって、より早く最高のクオリティーで目標へ到達する

モチベーションがギアをチェンジするというのは知られている。小さい頃からのモチベーションの後押しによって、より早く最高のクオリティーで目標へ到達するが、それは正しいキーを押せばという条件付きである,,,

教育者として、私たちは幸運である。何故ならモチベーションは出来上がるものであるため、動機づけは教えることができるからである。作業と多大な努力、時には信じられないほどの忍耐力も必要となるが、労力に比べて大いなる産物をもたらしてくれうるのだ

一度意欲的な精神の秘密を知ってしまえば、それは私たちの生活のあらゆる分野へ影響を与えるので、私たちの人生に産物をもたらすのと同義である。目標に到達したいと私たちが感じるその場所から、モチベーションのフォースギアがかかり、どのようにそれを達成するか...小さい時は...大きくなったら...学校では...職場では...人付き合いは...スポーツにおいては...、といったことを理解させようとする。目標が何かということは重要ではないのだ。モチベーションはただ、私たちが目標に達したいということだけを知っており、それを手に入れるために全ての歯車を回していくのである。

だからこそ私たち教育者は、子供たちの頭の中にモチベーションの基礎を築かせることができて、選手に自分たち自身の中にあるフォースギアを一生の間探しに行くことを教えてあげられるという幸せを持っているのである。

前回の記事では、この自然な力を高めて人生にうまく生かしていくためには、いくつかの刺激要因、子どもたちが安心を感じながらも、好奇心豊かに勇気をもてる、つまり抑圧的ではないが興奮するようなシンプルで一貫性のある、はっきりとした刺激を提供できるような安定かつ安全な環境が必要なのであるということを見てきた。

そのほかにも子供たちのモチベーションをくすぐるような要素がある:

  • 試合環境において重要な関係性を確立すること

  • 行っていることに積極的に巻き込むこと

  • 明確で短期間に達成できる目標をもつこと

それ故、トレーニング中に欠かしてはいけないことは、これらの要素の発生に対する注意力である。どのように行えばいいのか、いくつかヒントを見てみよう:

  1. 安心を感じさせる、全員が重要だということを感じさせる。そして時々臨時の活動にも巻き込んであげる。何故ならそれが、彼らにとって非常に重要なグループの一員であるという感覚を強化してくれるからである。

  2. 彼らが学んでいることにどんどん巻き込んでいきながら、愉快で楽しい方法で教える。情報の負荷をかけすぎることなく、最初はもちろん間違ったとしてもかまわないから、積極的に試させることである。

  3. 習得すべきことに関するミスに対して、強調しすぎないように注意する。モチベーションというのは気持ちをかき立てられたり、上手くできるように後押しされたときに成長するもので、窮屈さを感じたり、再度挑戦するのを妨げられたり、禁止されたりするように感じる時ではない。

  4. 断定的でシンプル、明確な、一度口に出したことのあるような、さらに次の目標の達成のための刺激や力ともなりうるように、短期間で成就することのできる目標の為に努力をさせること。

子どもたちの教育的成長において重要な役割を担う立場かつ模範として、教えるためには学ばなければいけないということを決して忘れてはいけない。皆さんの指導能力を磨くために常に学んでほしい。それはテクニックだけではないよ。私たちの責任は重大であるが、得られるものもすばらしいのである。彼らが人生の中で困難や変化に立ち向かわなければいけなくなった時、緊張の後、降参したり文句を言ったりする代わりに、非常に高い確率で、グラウンドで何度も練習をしたフォースギアに切り替えて、人生をより良いものにするために、より効率的な回答を模索しながら冒険へと出発していくであろう。
カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ

  • サッカーは「ギブ&テイク」

     小さなプレイヤーをサポートするということは、全ての指導者に寛容な心と満足感、この二つを同時に得られる機会を与えてくれることでしょう。それはなぜか。幼少期の子供達や青年期の子供達に多くの活力(エネルギー)を注ぐことで、...

  • ボール運びレース:勝負を決めるパスは誰だ

    18x20mのプレーエリアを準備。この中にコースを3列作っていきます。 まずスタート地点は5m間隔で各列マーカー1枚セット。 スタート地点から5m離れた場所に5m間隔のスラロームをマーカー5枚で作ります。...

  • 時間を無駄にしないために時間をかける

    子どもたちのトレーニング:コーチが、子供たちを横一列に順番に並べて“僕が合図を出したら前に向かって走り始めなさい。僕のソラッ!という合図で、右方向へ僕が笛を吹くまでダッシュしなさい...

  • 1 対 1 + シュート - 「僕、ボールを運ぶよ」

    ピッチ中央に5m四方のスクエアを配置。 スクエアの目の前にはオフェンス用(ゾーンA)のスラロームをコーン3つで準備。 反対側にはゴールを設置。 ピッチ左にはディフェンス用(ゾーンB)のスラロームをコーン2個とフラフープで作ります。...