モチベーションについて! | YouCoach Skip to main content

モチベーションについて!

モチベーションについて!

 
目的
概要
モチベーションは子供たちがスポーツをしたり、練習を継続するために重要であるが、モチベーションもトレーニングすることはできるのか?

アスリートをスポーツの練習へと向かわせるものは何か?もっとはっきり言えば、雨の日も寒い日も、もしくは脳を焼き付けるほどの太陽の下練習にやって来て、強い意志と決意で練習をするのはなぜか?さらに言えば、怪我をしていたり、気が立っていたり、失望したりしていてもコートから離れていることができないのはなぜなのか?

bambina sport anelli

明らかにモチベーションが、もう一つ別の重要な要素である楽しみと結合して関与していることは基本的ではあるが、実際にはモチベーションとは何で、どのようにトレーニングすることが可能だろう?答えはハイである。テクニック能力や身体能力と同じように、モチベーションは教えること、発展させること、トレーニングすることが可能であると発言してきた。ともかく順番に見ていこう。

科学的研究はやる気は生じるものだということを私たちに教えている。モチベーションとは、主体が必要性を感じた後、主体の行動を導いてくれる一種の後押しである。主体が欲求を満たそうと感じると、モチベーションが働いてそれを満足させるために後押しするのである。筋が通っていてシンプルである。

生まれた時から、私たちは生き抜くために不可欠なニーズを満たすだけでなく、シンプルに自分たちの幸福や、自分たちの能力を試してみたいという全ての主体の欲求、例えば“能力の必要性”を満たそうとしている。もしそれが満たされない場合、身体や精神に芳しくない結果をもたらすために、私たちは挑戦し、再挑戦し、試して、考えて、改善するためにあがくのである。

スポーツをすることは間違いなくモチベーション能力を洗練させるうえで良いトレーニング場所である。子供たちが挑戦し、楽しみ、改善し、習得することや常に上手くできるようにふるまうことへのモチベーションを感じさせることを可能にする。全ての子供たちがコート内でやる気があるように見えなかったとしてもだ。学びたい、上手くやりたいという欲求が彼らの中に生まれつきある場合、どのようなことが可能なのだろうか?

全ての物に当てはまるように、モチベーションにもその反対、薄暗い側面、メダルの反対側とでもいうべき部分があり、倦怠感と呼ばれる...子供がやる気があれば、活発になり楽しみもするが、退屈を感じてしまったらシンプルに動きは鈍くなる。

実際には、子供が行動につながる衝動を感じているので単独の欲求では十分ではない。何故なら生活を改善するこの恐るべき力は、子供の周りにいる人たちが自分の役割を果たすことが必要だからである。子供が強く・明確に学びたいという気持ちを持っているのであれば、私たちは様々な要素を用意しなければならず、その中でも最優先なので彼らを囲む環境であり、できるかぎり最適な形で子供をかき立てるような環境でなければいけないからである。

 
ambiente sicuro bambini
 

もしこれが起きれば、子供は新しい物事を学べる事に幸せを感じて、挑戦し、向き合っていることに全注意力を傾けるでしょう。祭日のように風船や広場は必要ではないのだ。よりシンプルに一貫して、可能な限りはっきりと子供たちをかき立てる様な環境があれば十分なのである。安定かつ安全な環境が、安心や励まされる気持ち、積極性、好奇心、興奮しているが精神的なリラックス状態を感じさせるのだ。刺激的であるが抑圧的ではない環境、子供たちにモチベーションをトレーニングにさせるために構築すべき環境である。

さてここで、モチベーションを刺激するそのほかの要素について、もしくは内的・外的モチベーションの違いや、もしくは皆さんの若い選手がアクティブに建設的に習得をするようにかき立てるために利用されている策略についても、話してみる価値がある。

motivazione gruppo bambini

この全てに関しては次回再び目をやるとして、ひとまず皆さんのスポーツ選手を少し観察、考察してみようか。

  • 子どもたちは学んでいるときの子供たちは楽しそう?
  • ある程度落ち着いている?
  • 習得に積極的に参加してる?

 

もし答えがイエスなら、最高の仕事をしているね、素晴らしい!でももし、モチベーションレベルでもっとうまくやれるのではというような疑問があったとしたら、彼らの目(そして彼らの心)によりモチベーションを持たせるために、何を修正することができるか、どうやってトレーニングを行うか相談してみて欲しい。私たちはそれができるのだから、挑戦すること、創造することそして体験することを楽しんで!皆さんにも良いモチベーションが見つかりますように!

 

カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ

  • ポジティブに話すこと:効果的なコミュニケーションの基本

      小さい頃から、子供たちはやってはいけないことやルールを教えられている:“これに触るな...走るな...口に手をやるな”。 成長してもそれは変わらない、上手く言えば、やってはいけないこととルールが変わるのであって、...

  • フォーミュラ1

    マーカーを並べてグリッドを作ります。 グリッドの中にプレイヤーを配置します。 ボールは1人1個

  • ドリブルからの1対1+シュート

    ピッチ中央に4つのマーカーを使い、5 x 5mのグリッドを作成。グリッドから3m間隔で3つのコーンを使い、スラロームを作成。スラロームを基準にスタート地点のマーカーを設置。ここをゾーンAとする。このグリッドに対して(スラロームとは反対側)...

  • サークル内にパス

    マーカーで15×15mスクエアを配置。そのスクエア内に半径5mのサークルをマーカーで作ります。 サークル内にはプレイヤー1名スタンバイ。 外のプレイヤーはボール1名1球。