ボールポゼッション4 対 4 + サポート4名 | YouCoach Skip to main content

ボールポゼッション4 対 4 + サポート4名

ボールポゼッション4 対 4 + サポート4名

 
目的
マテリアル
  • マーカー:数枚
  • ボール:数球
  • ミニゴール:4個(ポール8本でも代用可)
  • ビブス:8枚(赤4、緑4)
準備
  • プレーエリア: 30 x 30m
  • プレーヤー: 12名
  • 所要時間: 20分
  • セット数:2セット x 9分プレー(1分パッシブレスト)
概要 第二の目的
フリーマン経由のボールポゼッションからのフィニッシュまでをミニサイズのピッチで行います。
マークを外す, パス, 落とし, フィニッシュ, マークにつく, インターセプト, 4対4
オーガナイズ

マーカーを使用して30x30mのスクエアを作ります。スクエアの各辺中央にはミニゴールを配置します。4名1チームを3つ(赤、白、緑)作り、赤と白はピッチ内から、緑の4名はスクエア外の4辺に図のように1名ずつスタンバイ。

概要
  • コーチのスタートの合図で4対4のポゼッションスタート。
  • ボール保持側はスクエア外のフリーマン(図では緑)を経由しながら4回連続パス成功できたら、最後は4つあるうち1ヶ所のミニゴールにフィニッシュ。
  • ゴールが決まったらフリーマンと場所交代しましょう。
  • セット終了後に得点数を集計して勝敗決定。

 

バリエーション
  1. パス1回成功後でもゴールを狙ってよい。
  2. プレーヤーのパフォーマンス次第でピッチサイズの調整を行う。
コーチのポイント
  • ファーストタッチの強弱とその後のパス精度は注目すべきポイントです。
  • トライアングルの形成(プレーヤーからのプレッシャーを避けるために効果的)。
  • ネガティブ・トランジションへの素早い対応を。特に奪われた瞬間ボールに一番近いプレーヤーがプレッシャーをかけることを忘れずに。
  • 味方同士の距離感をキープ。
  • 体の開きに注意。常にピッチを広い角度で見渡せる開きを意識。
  • 次のプレーに向けてフリースペースに向かうパスアンドゴーの使用もリクエスト。
  • 共通理解として、縦パス・バックパスしかり、どの状況においてもボールホルダーに対してパスコースを確保する味方がいること。
  • ボールホルダーに近い味方は次のアクションを常に頭にイメージしておくこと。サポートに向かうべきか、縦を要求するのか、連続する状況の中で味方との関係性を強化する。
  • ボールを受ける動作に加えて、プルアウェイ、プッシュアウェイといったオフザボールの動きも欠かさずに。
  • 味方はサポートの機会を常に伺う事。味方2名がピッチに対して横か縦ラインで並び、ボールホルダーに斜めのパスコースを確保してあげること。

Autore

| スクールコーチ、イタリア語通訳

関連コンテンツ

  • テーマ付き 2 対 2

    マーカーを使用して35x40mのプレーエリアを作ります。ピッチを図のように2つのゾーンに分割し、両ゾーンの短辺にはゴールを1ヶ所ずつ配置。片方のゴール両脇にはミニゲートを1つずつ追加。ゲートの間隔は1,5mに設定します。...

  • テクニカル サーキット - BVB ボルシア ドルトムント

    センターサークル付近にマーカーを1枚置き、このマーカーから5m先にハードルを1m間隔で3個セットします。ハードルの次にはコーン4個で5x5mのスクエアを作ります。ペナルティアーク付近には10m間隔でポールを2本セットします。ポールは黄色、...

  • スポーツ選手・コーチが持つべき3つのパフォーマンスアップのための考え方

    [[{"type":"media","view_mode":"media_large","fid":"22714","field_deltas":{"1":{}},"fields":{},"...

  • クロスとフィニッシュ - リバプール FC

    2チーム分け。攻撃側(図中のGマーク)には白ビブスを、守備側には赤ビブスを渡します(図中のDマーク)。プレーエリアはゴールの位置を基準にハーフウェーライン付近までの55m使用します。プレーエリアの底の両端にはゲートを2ヶ所(...