パフォーマンスに影響を及ぼす不安とは? それは何なのか?何が関係するのか? | YouCoach Skip to main content

パフォーマンスに影響を及ぼす不安とは? それは何なのか?何が関係するのか?

パフォーマンスに影響を及ぼす不安とは? それは何なのか?何が関係するのか?

 
目的
概要
このコラムでは、スポーツ競技やパフォーマンス時の不安状態に影響を与える可能性のある要素を明確にしながらその関係を示していきます。
不安とパフォーマンスにはどんな関係性があるのか?
不安とは、置かれた状況に立ち向かうための一つのメカニズムである。つまり、ネガティブに捉えられるだけのものではない。しかしながら、不安が大きすぎたり、小さすぎたりしても、最適なパフォーマンスを得ることができません。ヤーキーズとドッドソンの文献内では、これらの関係性について下記グラフを用いて詳しく述べています。
 
 
グラフからわかるように、パフォーマンスは、不安レベルが低すぎても、高すぎても良くないことがわかります。

例を挙げましょう。

  • 想像してみてください。あなたのチームが、自分のチームより強くないと言われるチームと試合をします。プレーヤーたちは、この試合は「楽勝」だと考えることも起き得ます。プレーヤーたちは、特別アクティブな状態になっているとは言えません。アクティブな状態でないいうことは、集中を欠く原因にもなります。よって、反応や判断の時間が遅くなり、ミスの数が増え、低いパフォーマンスに繋がってしまいます。
  • 反対に、あなたのチームが、自分のチームより強いと言われるチーム、または、重要な一戦に挑むとします。プレーヤーの注意力レベルはかなり高くなるでしょう。これらのレベルがある一定の値を越えると、パフォーマンスにネガティブな影響を及ぼす過度の緊張を引き起こす原因となります。つまり、過度の焦りすぎや集中力の欠如によって、チームのプレー戦術が見るに堪えないもになることがわかるでしょう。
従って、不安レベルが正しいバランスの時だけが、最適なパフォーマンスを生むということです。
 
では、パフォーマンス中の不安レベルは何が原因なのか?

パフォーマンスにおける不安について話す時、一般的に試合の中で答えを急すぎることについて言及することが多いと思われます。それは様々な要素が影響しています。その中の一つは、プレッシャーのかかる重要な状況であることを認識し、恐る傾向があります。この傾向は、プレーヤーの気質やパーソナリティーに関する性格に依存します。認知レベルや感情レベルの両方が影響し、高い不安レベルの中で競技を行うアスリートは、さらにその傾向が強くなる可能性があります。認知レベルでは、自分のプレーから生まれる結果や自分自身、また状況に関連する不安とネガティブな予測が頻繁に起こります。(例えば、「このゲームは上手くいかないだろう。」、「みっともない姿を見せてしまうかも。」、「プレーする機会を与えてもらえないだろう。」など)。一方、感情レベルでは、目に見えるほどの生理的で激しい変化を身体に与えます。

従って、パフォーマンス時における不安は、ある状況での認識や解釈の思考方法に結びついた心理的な要素と生物的な性質の両方に依存すると言えます。

 

カテゴリー: 
対象年齢: 
コラム: 

関連コンテンツ