パスコースを作り出す | YouCoach Skip to main content

パスコースを作り出す

パスコースを作り出す

 
目的
マテリアル
  • 人型ポール3体
  • ポール6つ
  • ボール
準備
  • プレーエリア:15×15m
  • プレイヤー:7人
  • 所用時間:15分
  • セット数:3分4セット(セット間休憩1分)
概要 第二の目的
パスの技術と2人のプレイヤー間のコンビネーション能力を向上させるためのサーキットトレーニング
ダイナミック, コントロールオリエンタート(方向付けされたコントロール), マークを外す, パスアンドゴー, ポストプレー, 壁パス, トライアングル, ボールを受けに来る動き, 身体の位置, テクニカルサーキット, トランジション
オーガナイズ

オーガナイズ

正三角形の頂点にそれぞれ、図中の様に人型のポール1つとポール2つを設置する。ポー

ルはそれぞれ2mの間隔を開けて設置する。上に位置する頂点には、ボールを持ったプレイ

ヤーA、そのほかにプレイヤーF、Gを配置する;低い位置にある2つの頂点にはそれぞれ

、プレイヤーBとC、そしてプレイヤーDとEを配置する。予備のボールをいくつか各ステ

ーション近くに配置しておく。

概要
  • 以下がこのトレーニングの正しい実施順になっている。
  1. プレイヤーAは、人型ポールに対して足元でボールを受けられる様にマークを外す動き
  2. を行ったプレイヤーBにパスを出すプレイヤーBは、ポールの間を通しながらプレイヤーCに短いパスを出し、その間プレイヤーAは自身が出したパスコースをたどりながら、プレイヤーBの背後のスペースA1へ移動する
  3. プレイヤーCは、スペースB1に走り出しているプレイヤーBにパスを出す
  4. プレイヤーBは、人型ポールに対して足元でボールをもらえる様にマークを外す動きを行ったプレイヤーDに対してパスを出す
  5. プレイヤーDは、ポールの間を通しながらプレイヤーEに短いパスを出し、その間プレイヤーCは自身が出したパスコースをたどりながら、プレイヤーDの背後のスペースC1へ移動する
  6. プレイヤーEは、スペースD1に走り出しているプレイヤーDにパスを出し、その間プレイヤーBはプレイヤーCが立っていたスペースB2へ移動する
  7. プレイヤーDはプレイヤーFへパスを出す
  8. プレイヤーFはポールお間を通しながらプレイヤーGに短いパスを出し、その間プレイヤーEはプレイヤーFの背後に移動する
  9. プレイヤーGは、スペースF1に走り出しているぷれいやーFへパスを出し、そのあいだ
  • プレイヤーDはプレイヤーEが立っていたスペースD2に移動する
  • プレイヤーはボールが回る方向へと移動しながらローテーションを行なっていく
  • 3分の実施時間中は止まることなく常にトレーニングを行い続ける
  • セット毎にボールを回す方向を変える
コーチのポイント
  • パスコースをしっかりと作り出す様に呼びかける
  • パスのスピードと正確さを常に高く保たせる
  • マークを外すタイミングと、その後の体の向きを正しく行わせる・
  • マークを外す動きは、ボールを受ける前に必ず行わせる(絶対に止まった状態でボールを

    受けさせない)
  • プレイヤー間のローテーションは、高いインテンシティーの中で行わせる
  • ボールをしっかり迎えにいかせる
  • プレイヤーの能力に応じてタッチ制限を加える

関連コンテンツ

  • ウォームアップサーキット

    20x20mスクエア内に図のようにマテリアルを配置していきます。 スタート地点にはマーカー1枚とフラフープ4つ、コース上部にはスピードラダーを、左サイドにはポール3本でスラローム、下部には30mの距離でミニハードル6個セット。...

  • コーンを使ってエアロビックトレーニング - ユベントス FC

    5対5の試合用のピッチを40x40mで作り、両サイドにコーンを7個ずつ立てておきます。

  • インターバルトレーニング - バルセロナ FC

    まず初めに、このメニューのテーマは持久力とスピードの強化ということでセッション中は激しく体力を消耗します。 プレーヤーのアジリティ、フィジカル、持久力を一度に修練できるプログラムとなっています。 インターバルトレーニング(...

  • ボール運びと狙いを定めたパス - AFC アヤックス

    コーン3個で25m辺のトライアングルを作り、その中に5m間隔のミニトライアングルをポール3本で作ります。ミニトライアングルの先にはコーン2個でゲートを作り、さらに10m先に1m間隔のミニゲートをポール2本で作れば準備完了。...