スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン | YouCoach Skip to main content

スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン

スモールサイドゲーム : 4対4 + スクエア内フリーマン

 
目的
マテリアル
  • ゴール:2ヶ所
  • ピッチ用マーカー:12枚
  • スクエア用マーカー:4枚
  • ボール ビブス:9枚(青5、赤4)
準備
  • プレーエリア: 40×30m
  • プレイヤー: 9名 + GK2名
  • 所要時間: 16分
  • セット数:2セット×7分プレー+1分パッシブレスト
概要 第二の目的
ポゼッションとインターセプトの改善
フィニッシュ, ゴールを守りながらのディフェンス, 4対4
オーガナイズ
40×30mのプレーエリア内、短い方のライン際にゴールを2ヶ所設置。 ピッチ中央にはマーカー4枚で2m四方のスクエアをセット。 9名のプレイヤーを青5名、赤4名の2チーム分け。 青チームから1名スクエア内にスタンバイ。
概要
コーチがピッチ内にボールを入れて4vs4+フリーマン1名の試合開始。
図では青はオフェンス、赤がディフェンス。
2セットで合計ゴールが多いチームの勝利。
ルール
  • もし青がオフェンスの場合、ポゼッション中にプレイヤー1が中央スクエアのフリーマンにパス。パスを受けたフリーマンは1以外のプレイヤー(図では2)にパスできれば1ポイント
  • 青がポイントを重ねる毎に、青チームからフリーマンを交代しましょう
  • 赤チームはディフェンス中にスクエア内のパスを阻止しましょう
  • 赤チームがポゼッション時は、ゴール2ヶ所どちらかに攻撃
バリエーション
  1. ポゼッション中のタッチ数を制限する(最大3タッチまで)。
  2. プレイヤーのカテゴリー次第でプレーエリアのサイズを調整する。
コーチのポイント
  • インターセプトをするためのポジショニングの重要性。
  • 試合中はパスコース確保のためにオフザボールの動きを継続。

Autore

| スクールコーチ、イタリア語通訳

関連コンテンツ

  • エリア外、中央寄りからのシュート

    GKを1名、そして図の位置にマーカーを1枚ずつセットし、A列、B列にプレーヤーをスタンバイ。図の位置にダミーを2体(ポールでも代用可)セット。A列のプレーヤーはボールを持ってスタンバイ。

  • テーマ形式 : ディフェンス& トライアングルへのアタック

    30m四方のピッチをコーンで準備したら、各辺にマーカーでミニゲートを計4つセットします。 ピッチ中央には4m辺のトライアングルを作り、GKを2名スタンバイ。 各チームどのミニゲートにゴールできるのか2ヶ所ずつ決めておきます。...

  • スモールサイドゲーム - 進入禁止ゾーン

    35x30mのプレーエリアをマーカーで準備します。両側にはゴールとGKをスタンバイ。ピッチ中央にはコーン4個で6x10mサイズの長方形を作り、「進入禁止ゾーン」とします。 ピッチ内では4vs4の試合準備。

  • アジリティ、スピード、フィニッシュ精度を高めるトレーニング

    まずプレーヤーをAとBの2チームに分けます。図左のグループAのスタート位置から5mの場所にはコーン3個で1m辺のトライアングルを配置。ペナルティエリア外付近にはコーン6個をランダムに配置。...