7対7 + 2名フリーマン - 「サイドチェンジ」 | YouCoach Skip to main content

7対7 + 2名フリーマン - 「サイドチェンジ」

7対7 + 2名フリーマン - 「サイドチェンジ」

 
目的
マテリアル
  • ミニゴール4個かポール8本
  • ビブス9枚(赤7枚、緑2枚)
  • ボール
準備
  • プレーエリア: 75×50m
  • プレイヤー: 16名
  • 所要時間: 34分
  • セット数:15分×2セット(インターバル2分)
概要 第二の目的
プレーに変化を付ける逆サイドへの素早い展開などを鍛える7対7とフリーマンを2名加えたトレーニング
マークを外す, パス, フィニッシュ, マークにつく, インターセプト, 時間差攻撃, 侵入, 時間差守備, ボールポゼッション, トランジション
オーガナイズ

全ピッチの4分の3を使用します。図のように左右にミニゴールを1つずつ、計4ヶ所セットします。ミニゴール近くにはボール配給役のコーチを2名スタンバイ。ピッチ内には2チーム(赤と白で7対7)とフリーマン2名(緑)。

概要
  • コーチのスタートの合図で7対7の試合開始。
  • オフェンス側はフリーマン2名のサポートあり。ポゼッション中は9対7の数的優位となります。
  • オフェンス側はミニゴール2ヶ所のうち1ヶ所にゴールを狙います。
  • ゴールが決まったら、そのチームにコーチが新しいボールを渡します。パスを受けたチームは制限時間10秒以内に逆サイドに展開して反対側のミニゴールに向かいます。
  • もし10秒以内にゴールが決まらなかった場合、プレー終了。相手チームボールからプレー再開。

 

バリエーション
  1. ゴールを決めたら、ゴールを決めたチームの攻撃方向が反対になる。
コーチのポイント
  • トライアングルの形成(プレイヤーからのプレッシャーを避けるために効果的)。
  • ネガティブ・トランジションへの素早い対応を。特に奪われた瞬間ボールに一番近いプレイヤーがプレッシャーをかけることを忘れずに。
  • 味方同士の距離感をキープ。
  • 体の開きに注意。常にピッチを広い角度で見渡せる開きを意識。
  • 次のプレーに向けてフリースペースに向かうパスアンドゴーの使用もリクエスト。
  • 共通理解として、縦パス・バックパスしかり、どの状況においてもボールホルダーに対してパスコースを確保する味方がいること。
  • ボールホルダーに近い味方は次のアクションを常に頭にイメージしておくこと。サポートに向かうべきか、縦を要求するのか、連続する状況の中で味方との関係性を強化する。
  • ボールを受ける動作に加えて、プルアウェイ、プッシュアウェイといったオフザボールの動きも欠かさずに。
  • 味方はサポートの機会を常に伺う事。味方2名がピッチに対して横か縦ラインで並び、ボールホルダーに斜めのパスコースを確保してあげること。

    Autore

    | スクールコーチ、イタリア語通訳

    関連コンテンツ

    • 3vs3+1F(フリーマン)

      4つのコーンを使って16m(縦)×12m(横)を作り、縦の中間(8m)のところにもう2つのコーンを置く

    • 2ヵ所サーキットの2対2

      通常サイズのゴールからおよそ12メートルの距離に10×10メートル(図では”D”と示す)のグリッドを作る(図のように)。グリッド内にボールを持たない、ビブスを着けた2人のディフェンスを配置(図参照)、一方でキーパーはゴールを守る。...

    • 様々なタイプのヘディング:シュート、パス、クリア!

      図のようにマーカーを使って直線のラインを、数列分準備します。3つのマーカーをそれぞれの間の距離が2メートル、4メートルとなるように設置します。つまり2つ目のマーカーが1つ目から2メートル離れたところ、...

    • スモールサイドゲーム:4対4-ゴールを付けたボールポゼッション

      20×20メートルのグリッドをマーカーで作る。幅2メートルのミニゴールを4つ、各辺の後ろ中央に、コーンを使ってる作る(図のように)。プレイヤーを4人1組の3チームに分ける(赤色4人、白色4人、緑色4人)。...