一番最初に用いられたフォーメーションは? | YouCoach Skip to main content

一番最初に用いられたフォーメーションは?

一番最初に用いられたフォーメーションは?

 
目的
概要 第二の目的
サッカーの歴史はとても長く、その中でサッカーは発展を続けてきました。歴史上、一番最初に用いられたフォーメーションをご存知ですか?
医学と心理学

フォーメーションは、ピッチ上のポジション配置を示します。例えば、4-4-2や4-3-3などの最初の数字はディフェンスの数を表し、次に中盤、オフェンスとなります。これらのフォーメーションはとてもバランスがよくピッチのスペースをより効率良くカバーすることができるとして今日多くのチームで用いられています。しかし、歴史上一番最初に用いられたフォーメーションは、現代サッカーの考案者であるイギリス人によって考えられた1-1-8でした。

 

19世紀末、サッカーをより組織的に洗練されたものにしようと努め、頭角を現したのはスコットランド人でした。まず、変更したのは基本的な配置で、ゴールを守るディフェンスの数を倍に増やした2-2-6の形です。ディフェンスは横に並ぶのではなく縦に並び、縦2枚で相手オフェンスを止めるということでした。初めて観客が目にしたのは1872年11月30日にグラスゴーで行われた2-2-6のフォーメーションを用いたスコットランドと1-1-8のフォーメーションを用いたイギリスとの代表マッチでした。試合は、お互いオフェンシブなフォーメーションを用いたのにも関わらず0-0のスコレスドローで終わりました。この試合を境に有効な攻撃というのは、オフェンスの数に比例するのではなく、彼らのコンビネーションや崩しの形が大事になることが明らかになりました。


 

この時代のサッカーとは、「キック&ラッシュ(蹴って走る)」というスポーツでした。プレー内で起こるアクションはその場しのぎの本能的なものに限られ、プレーヤー個人の自由な発想もなく、チーム全体の統一された動きなどがないなど、合理的、理論的に考えられた現在のプレースタイルとは異なるものでした。例えばディフェンダーはオフェンスにボールを繋ごうとする意図はなく、ただ単に可能な限りボールを遠くへ蹴り返すことを心がけていた時代です。

カテゴリー: 
コラム: 

関連コンテンツ