サッカーにおけるパスとは、技術と戦術のどちらとして考えられるべきか。 | YouCoach Skip to main content

サッカーにおけるパスとは、技術と戦術のどちらとして考えられるべきか。

サッカーにおけるパスとは、技術と戦術のどちらとして考えられるべきか。

 
目的
概要 第二の目的
サッカーにおけるパスとは、技術なのか?それとも、戦術なのか?それが何故なのか。
医学と心理学

パスとは、味方へ意図的なパスを送るキックという個人技術とチームプレイを繋げる役割を担う個人戦術のひとつである。

また、パスは2人の選手間で行われるある種のコミュニケーションツールとしても考えることが出来る。

パスをより効果的なものにする為には、パスの受け手が敵からフリーになる動きをしてボールを受けられる位置にポジションを取る事と、パスの出し手が正確なタイミングでパスを出す事が必要不可欠になってくる。

パスはアクションの展開を通して、チームのプレースタイルを確立する重要な役割を持っています。

パスが一つの戦術である理由は、以下に書かれた目的の達成を手助けをする明確な目標を持つためである。

a)スペースと時間を稼ぐ。

B)可能な限りの敵を越え、目的に近づく。つまり、敵のゴールに近づく。

c)ボールを保持する。

カテゴリー: 
コラム: 

関連コンテンツ